青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

赤ちゃんや子供が青汁を飲んでも大丈夫でしょうか?

青汁を飲む子供

赤ちゃんや子供が青汁を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

1歳未満の赤ちゃんに飲ませてはいけないと記載されている青汁もあります。

赤ちゃんが1歳を過ぎたら規定量内で飲ませることが出来るという青汁もあります。

何も記載していない青汁もあります。

青汁の成分等によって見解は異なると思いますが、当サイトとしては、赤ちゃんには青汁を飲ませない方が良いと思います。

また、ハチミツで青汁の苦味を緩和させている青汁もありますが、ハチミツを使用している青汁は、赤ちゃんには飲ませてはいけません。

なぜならば、赤ちゃんの身体は、ハチミツの成分であるボツリヌス菌を摂取すると、発症してしまうことがあるからです。

このボツリヌス菌は毒素に変化し、全身麻痺になって障害を起こすことがあります。

ひどい場合は、赤ちゃんが死亡してしまいます。

このため、もし赤ちゃんに青汁を飲ませる場合は、ハチミツ入りかどうかを必ず確認するようにして下さい。

また、ハチミツの有無に関係なく、青汁を飲むとお腹が緩くなる(下痢の症状が出る)ことがあります。

もともと赤ちゃんはちょっとした刺激物を食べると下痢になりやすくなりますので、青汁を飲むことは控えた方が良いでしょう。

子供が1歳以上になって青汁を飲むとしても、必ず親が付いて適量を与えるようにして下さい。

子供に青汁を与える際は、青汁を飲ませるというよりも青汁を少しだけ料理に混ぜることから始めると良いでしょう。

大人でさえもそのまま青汁を飲むよりも、青汁を何かと混ぜたり料理に使う方が美味しくいただけます。

以下のように、お子さんが青汁を飲みやすい(食べやすい)ように、工夫すると良いでしょう。

  • ミルクに溶かす。
  • ヨーグルトと混ぜる。
  • パンにかけて青汁フレンチトースト風にする。
  • 青汁蒸しパンにする。
  • きゅうりに振り掛ける。同じ緑色なので、一見わかりにくい。
  • 野菜ジュースと混ぜる。
  • 青汁クッキーにする。

赤ちゃんや子供さんには、青汁を飲ませない方が良いでしょう。

このページの先頭へ