青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁とコレステロール値の関係

青汁とコレステロールの関係

コレステロールと聞くと悪いイメージがありますが、実は、コレステロールは健康のためにとても重要なものです。

具体的に言えば、コレステロールは、細胞膜、胆汁酸、各種ホルモン、ビタミンD前駆体の原料になるのです。


コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があります。

善玉コレステロールの働きには、体内の不要なコレステロールを回収し肝臓に運搬するという働きがあります。その他に、血管壁に付着したコレステロールをはがして回収するという働きがあります。

悪玉コレステロールの働きには、細胞やホルモンの原料となるコレステロールを、細胞に運搬するという働きがあります。「悪玉」と言っても、良い働きをするのです。

しかし、悪玉コレステロールが増え過ぎると、余計なコレステロールが血管壁に付着し、これが動脈硬化に繋がります。

このように、コレステロール値が高くなると動脈硬化心筋梗塞の原因になりますので、注意が必要です。


コレステロール値を下げるためには、緑黄色野菜、大豆、きのこ類、海藻類などを摂取するようにしたり、塩分や脂分の摂取を控えたりするのが良いと言われています。

しかしながら、このような食事制限を実際に行うことは、かなり難しいのが現実です。

そこでおすすめしたいのが、青汁を飲むことです。

青汁を飲むことで緑黄色野菜を摂ることができますし、青汁に含まれている多くの食物繊維やビタミンが体内でコレステロールから作られる胆汁酸を体外(便中)へと排出する活動を促進し、血中コレステロールを下げることも既にわかっています。

青汁にも色々な種類の青汁がありますが、コレステロール値を下げる青汁がありますので、ここでご紹介したいと思います。

その青汁は、大正製薬から出ている青汁で、「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」と言います。青汁には珍しくトクホ(特定保険用食品)の青汁です。製薬会社が作っている青汁ですので、コレステロールを低下させることも期待できますね。

「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、初回はたったの1,000円(税別)送料無料ですので、試してみてはいかがでしょうか?

多くの栄養素が摂れる上に、コレステロールも低下させることができるのであれば、試してみる価値はありますね。

大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」の詳細はこちら>>>

このページの先頭へ