青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁でがん予防できる?

青汁でがん予防

青汁を飲むことでがん予防になると聞きますが、本当でしょうか?

答えは、正直言って、青汁ががんの予防になるという明確な情報はありません。

インターネットで検索してみると「青汁を飲むことががん予防になる」という情報もありますが、化学的根拠に基づいて明確に説明されていないのが現状です。ですから、当サイトでは「青汁ががん予防になる」という点においては、「?」とさせていただきます

青汁には多くの栄養成分が含まれていることも事実ですが、普通に考えれば、青汁に含まれている成分でがんの予防や改善に繋がるのであれば、がんになる人はもっと少なくて済むはずですし、医療分野でももっと早く、がんの薬ができているはずですよね。


青汁でがん予防しよう

さて、がんと言う病気ですが、現代に至ってもはっきりした原因は分かっていない部分もあります。

がんになる原因が、遺伝やウイルスと言う説もあります。

しかし、分かっていることもあります。

それは、生活習慣の悪化から身体の内部の組織が正常に作用しなくなります。

そして、抵抗力がなくなってがん細胞を活性化させます。

つまり生活習慣病になるような暴飲暴食や偏った食生活は、非常に危ないと言うことです。

青汁は生活習慣病の予防や改善に効果的ですから、まずは青汁を飲んでがんの温床になる生活習慣病にならないようにしましょう。

青汁を継続的に飲んで体の組織を正常化することで、体の中から生活習慣病の種が消えていくことでしょう。


がんとは一つの病気から発生するものではなく、長年に渡って身体にかけてきた負担等から起こると言われています。

例えば、次のような感じです。

  1. まずはじめに、体調不良や便秘が続きます。
  2. これらが続くと、脂肪がたまり、動脈硬化になります。
  3. 次に、糖尿病や高血圧になります。
  4. そして、生活習慣病になって、がんになります。

これらの悪循環を断つために、青汁を飲んで健康のサイクルを身体の中で作り上げましょう!

長年の悪循環で出来上がっている悪い身体が、1日で治ることはありません。

継続的に青汁を飲んで、体質を改善することが必要です。

このページの先頭へ