青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁を飲むタイミング

青汁を飲む子供

青汁はいつ、どのタイミングで飲めば良いのでしょうか?

結論から言いますと、基本的には、青汁の性質から考えて「どうしてもこの時間に飲まなくてはいけない」ということはありません。つまり青汁はいつ飲んでも構わないということです。

もちろん例外もあって、青汁によっては飲む分量や回数がきちんと明記されている場合もありますので、その場合は商品の指示に従って下さい。

例えば、サプリメントのように粒タイプになっている青汁には、1日に飲む回数が記載されているものもあります。

その多くは一日に3~5回のようですが、薬のように朝・昼・晩や、食前・食中・食後というような飲むタイミングの指定はありません。

ただ、サプリメントの青汁を持ち歩いている人は、食生活も不規則で仕事が忙しい人が多いように思います。

このような方は、食事の時に一緒に飲むなど、自分なりに決めて飲むようにすると良いでしょう。


冒頭で青汁はいつ飲んでも構わないと言いましたが、青汁の効果をできるだけ上げたいと思うのであれば、朝か夜に青汁を飲むのが良いと思います。

青汁に期待する効果によっても異なりますが、体質改善、便通解消、美容目的を期待する場合は、朝か夜が良いでしょう。

食生活や体質を改善したい場合には、青汁は朝に飲むと良いでしょう。

朝一番に青汁を飲むことで、安定した生活習慣を作るとともに、必要な栄養素を補うことができます。朝に青汁を飲むことで健康的な生活になって行きます。

便通の場合には、青汁を夜か朝に飲むことで、腸内を整え、朝の排便を促すことができます。

美容目的の場合には、青汁を夜に飲むと良いでしょう。

青汁を夜に飲むことで、青汁の栄養素が体内に吸収されるとともに、寝ている間に多く分泌されるホルモンの影響も手伝って、朝になれば、前日に飲んだ青汁の効果で肌の組織が変化していきます。


青汁はいつ飲んでも構いませんが、できれば毎日同じタイミングで飲む方が良いでしょう。

そうすることで、生活リズムが良くなり、青汁を飲むことが生活習慣の中に組み込まれてきます。

青汁を飲むことが生活習慣の中に組み込まれると、青汁を継続して飲み続けることができるようになります。

青汁は飲み続けることで効果が発揮されますので、毎日同じタイミングで飲むように心掛けましょう!

このページの先頭へ