青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

血糖値をが気になる方の青汁:「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」の詳細はこちら>>>

「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は大正製薬の青汁です。安心してご利用いただけます。

青汁と血糖値の関係

青汁で血糖値を下げる

血糖値について簡単に説明しますと、血液中にどの程度のブドウ糖が含まれているかを示す数値で、血糖値が高くなると糖尿病になります。

また、体内には血糖を下げるインスリンというホルモンがあるのですが、インスリンの働きに問題があると糖尿病になりやすくなります。

糖尿病になると合併症の心配もあり、腎臓障害、視覚障害、高血圧になる可能性が高くなります。

このようにならないようにするためにも、糖尿病にならないようにつまり血糖値を下げるように、日々の生活から血糖値が上がらないように心掛けることが大切です。


血糖値を下げるには、食事と運動の両面から対策する必要があります。

運動療法につきましては、急激な激しい運動をしてもいけませんし運動量が少なすぎてもいけませんので、医師と相談して適度な運動を行うようにして下さい。

食事療法につきましては、規則正しい食生活と、バランスの取れた食事と、食べ過ぎないことが大切です。

また、血糖値を下げる食事療法として、青汁を飲むことをおすすめします。

青汁にも色々な種類(原材料の違い)がありますが、桑の葉を原材料として使用している青汁が、血糖値を下げるのに効果的です。

なぜならば、桑の葉にはデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が含まれていて、このデオキシノジリマイシン(DNJ)に血糖値を下げる効果があるからです。

参考ですが、デオキシノジリマイシン(DNJ)は今のところ桑の葉からしか発見されていない成分で、デオキシノジリマイシン(DNJ)には、高血圧や高コレステロール対策にも効果的です。


ここまで少し難しいお話をしてきましたが、簡単に言えば「青汁を飲むことで血糖値の上昇を抑制することができる」ということです。

ここでオススメしたいのが、血糖値が気になる方のために作られた青汁がありまして、それが「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」です。「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は製薬会社である大正製薬が作った青汁ですので、血糖値が気になる方でも、安心してお飲みいただけます。

「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」の主原材料は大麦若葉であり、桑の葉ではありませんが、食後の血糖値の上昇を抑制する働きがあるように作られている青汁です。

また、「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は、トクホのマークが付いた特定保険用食品です。

血糖値をが気になる方の青汁:「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」の詳細はこちら>>>

「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は大正製薬の青汁です。安心してご利用いただけます。

このページの先頭へ