青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁を飲む前に知っておきたいこと

青汁を飲む際の注意点

青汁を飲む時の注意点についてお伝えします。

青汁には体を健康にする成分が多く入っていますが、飲み方には注意が必要です。

以下にその例をあげてご紹介しています。

青汁の飲み方

青汁は、タイプによって飲み方が異なります。

タイプ別の飲み方は以下の通りです。

  • 飲料タイプ・・・野菜ジュースタイプなので、ほとんどそのまま飲みます。
  • 乾燥フリーズドライタイプ・・・お湯で解凍します。
  • サプリメント・・・水や湯で飲み込みます。
  • 冷凍食品・・・解凍して使用します。
  • 粉状タイプ・・・粉状タイプはお湯や飲み物で溶かして摂取します。

間違った使用方法で青汁を飲むとしっかりと栄養素を摂れなくなることがありますので、お気をつけ下さい。

また、青汁を料理等に使用することは出来ますが、解凍するものはきちんと解凍する、溶かすものはきちんと溶かすということを守って、料理に応用するようにしましょう。

青汁を過剰摂取した場合の影響

次に、青汁がいくら健康に良いからと言って、決められた分量を超える程に摂取すると逆に身体に良くない影響が起こることがあります。

主な症状としては、以下の通りです。

  • 下痢
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 便秘
  • アレルギー

このような症状にならないように、分量を守って青汁を飲むようにしましょう。

青汁を飲んではいけない人

青汁は健康面で非常に助かる栄養補助になりますが、中には青汁を飲んではいけない人がいます。

青汁を飲んではいけない人とは、例えば次のような人です。

  • 透析
  • 腎臓疾患
  • 心臓病
  • 脳の疾患
  • 血栓症
  • アレルギー体質
  • 妊婦(妊婦はアレルギーになることがあります。また、胎児に影響が出ないとも限りません)

どういう影響が出るのか分からないので、以上のような人は青汁を飲むのはやめて下さい。

子供に青汁を与える場合

子供に青汁を飲ませる際は、次の点に注意して下さい。

  • 1歳以下の子供に与えてはダメです。
  • 年齢に合わせて量を少なくして飲ませます。

以上が青汁を飲む時の注意点になりますので、これらに気を付けて青汁を飲むようにして下さい。

また、青汁のパッケージに注意事項が記載されていたら、その注意事項に従って下さい。

これらに注意して青汁を飲むことで、身体に必要な栄養素を効果的に摂ることができます。青汁を上手に飲んで、健康な身体を作りましょう。

このページの先頭へ