青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

大麦若葉

青汁、大麦若葉

青汁に使用されている主原材料に、大麦若葉があります。

大麦若葉とは、文字通り大麦の若葉のことです。

通常では、大麦は成長してから刈り取りますが、青汁で使用される大麦若葉は、大麦が成長する前の若葉を使用しています。

このことから、青汁の原材料の表記として、大麦ではなく大麦若葉として記載されています。

大麦若葉の特徴

大麦はイネ科の穀物で、日本よりも中央アジアで幅広く栽培されています。

もちろん日本でも栽培されていますが、日本ではお米が栽培されていますので、大麦は裏作として栽培されることが多いようです。

古代のヨーロッパでは、大麦をお粥にして食べていましたが、その後は余り食べられてはいません。

大麦は、食べるよりもビールやウィスキーの醸造用として使用されています。

日本では、麦茶・醤油・味噌等の原材料に含まれています。

現在になって、大麦若葉は青汁の原材料として脚光を浴びて来ました。

大麦若葉の青汁の特徴としては、飲み心地がとても良いということです。

やはり、麦茶に使用されているだけのことはあります。

他の主原材料の青汁が苦手な人でも、大麦若葉が主原材料の青汁ならきっと飲めることでしょう。

大麦若葉の期待される効果

大麦は脚気(かっけ)に効く成分が含まれていますので、脚気(かっけ)の予防や症状緩和には効果的かと思います。

大麦若葉が主原材料の青汁は?

大麦若葉が主原材料の青汁はとても飲みやすく人気があります。大麦若葉が主原材料のおいしい青汁をご紹介します。

サントリー極の青汁

サントリー極の青汁で使用されている大麦若葉の産地は熊本の阿蘇で、土壌作りからこだわり栽培しています。

さらに、栽培は朝摘みに限ると言う徹底ぶりです。

サントリー極の青汁は、ビタミンや食物繊維の配合量がかなり多いのが特徴の青汁です。

その他の特徴として、サントリー極の青汁は青汁に使用される原材料の明日葉を大麦若葉と配合して使用していることです。

青汁の代表的な原材料である大麦若葉と明日葉を配合することで、さらに栄養価が高い青汁になっています。

さらに、ポリフェノールも配合されていますので、これらの栄養素の吸収率を高めています。

形状は粉状になっているので、飲みやすく、料理にも取り入れることが出来る便利な青汁です。

えがおの青汁

えがおの青汁は、熊本の阿蘇で「土」「水」「空気」まで品質管理して栽培した大麦若葉を原材料に使用しています。

えがおの青汁はこのような大麦若葉を使用しているだけあって、他の青汁の苦味を想像していた人には、驚くようなさっぱりした口当たりです。

他には、長命草を原材料にプラスしています。長命草はポリフェノールが多く含まれている植物です。

さらにえがおの青汁は、発酵黒生姜を取り入れることで青汁の苦味を抑え、とても飲みやすい青汁に仕上がっています。

このページの先頭へ