青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁の適量

青汁の適量

青汁の一日の摂取量についてですが、青汁のパッケージには青汁に関する基本情報が記載されていますので、その基本情報や摂取量を守って青汁を飲んで下さい。

また、青汁の種類やタイプによって一日の摂取量が異なりますので、ご注意下さい。

以下に、青汁タイプ別一日の摂取量を記載しましたので、ご参考下さい。

飲料タイプ

青汁の飲料タイプは、缶タイプや牛乳パックタイプで市販されている場合がほとんどです。

1日1杯~3杯位の範囲内が理想ですが、メーカーや種類などによって異なります。

乾燥フリーズドライタイプ

青汁1包の内容量がメーカーによって異なりますが、だいたい3g~7gの範囲内です。

飲む場合も料理に使用する場合も、1回に1包み使用すれば良いでしょう。

料理に使用する場合、3食使用しても1日3包みで、これくらいがフリーズドライタイプでの平均摂取量です。

サプリメント

サプリメントタイプの青汁では、1日に1粒~3粒と規定されていることが多いようです。

パッケージに記載されている摂取量を、必ずご確認下さい。

冷凍食品

1日に1パック~2パックの青汁を飲むのが基本です。

粉状タイプの青汁

1日に3袋まで飲めるのが平均ですが、メーカーによって1日に1袋までの規定の青汁もあります。

パッケージに記載されている摂取量を、必ずご確認下さい。

ジェルタイプ

ジェルタイプの青汁は、カロリーを控えている方にお勧めの青汁です。1日に1本が基本です。

青汁の、一日の摂取量のまとめ

青汁をたくさん飲んでも体調に悪影響がないタイプの人は、1日の摂取量を超えて摂取しても問題は起こりにくいようです。

しかし、摂取量を超えて青汁を飲んだからと言って、それ以上の効果を得られるわけではありません。

あなたが、青汁が好きで緑茶や麦茶を飲むのと同じような感覚で青汁を飲んでいるのであればそれを続けても構いませんが、ご自身の責任と判断でお願いします。

青汁の効果を最も効率良く得るためには、パッケージに記載されている摂取量を守るのが良いでしょう。

このページの先頭へ