青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁で血液をサラサラにしよう

青汁で血液サラサラ

血液がドロドロの状態になると、動脈硬化や高血圧になりやすくなります。

動脈が硬化すると、壁面のプラークが破綻して血栓になり、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血等が起きやすくなりますので、注意が必要です。

動脈硬化は自分ではわかりにくく、わかった時点では既に深刻な状態になっていることが多いようです。

ですから、このような状態にならないようにするためにも、血液がドロドロにならないように、常に血液サラサラの状態でいられるように、普段から気をつけましょう。

血液サラサラでいるためには、また血液ドロドロを改善するためには、次のような色々な方法があります。

  • 水分を多く摂る。
  • 中性脂肪、コレステロールを減らす。
  • 糖尿病、高血圧を改善する。
  • ストレスを避ける。
  • 偏食を止める。
  • 不規則な生活をおくらない。
  • 血液をサラサラにする食品を食べる・・・などなど。

このように、血液をサラサラにするために、また血液がドロドロにならないようにするための方法はたくさんありますが、簡単にできる方法として青汁を飲むことをご紹介します。

なぜ、青汁を飲むと血液がサラサラになるのでしょうか。

それは、青汁には原材料として葉酸が含まれていて、葉酸には血液をサラサラにする効果があるからです。

【参考】 葉酸とは、水溶性ビタミンB群に分類される生理活性物質で、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。

青汁を飲むと、血液がサラサラになるだけでなく、健康になるための他の効果も期待できますので、一石二鳥、いや三鳥、四鳥、五鳥・・・ですね。

ただ、一時的に青汁を飲むだけでは効果的ではありませんので、継続して青汁を飲むことをおすすめします。

もしかしたら青汁を継続して飲むことは簡単ではないかもしれませんが、一ヶ月間、青汁を飲むことを生活の中に取り入れるようにして下さい。そうすることで自然と青汁を飲む習慣が身に付きます。

また、青汁を飲むだけでなく、料理に使うことで、青汁を摂ることができます。

血液がドロドロになることは、本当に怖いことです。

青汁を飲んで血液をサラサラにし、健康を維持していきましょう。

このページの先頭へ