青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁の種類と原材料

青汁の種類とタイプ

青汁を、タイプ別(粉末、粒、粒状、液体、ゼリー状、冷凍、フリーズドライ等)、主原材料別に分けると、以下のように種類分することができます。

自分に合ったタイプや主原材料の青汁を選ぶことで、青汁を継続して飲み続けることができます。

どうぞ、ご覧下さい。

青汁のタイプ別種類

青汁って身体には良いけど苦くて続かないと言う方は、他のタイプの製造方法の青汁に変えることで解決出来ますよ。


飲料タイプ

飲み物は一番ポピュラーに見かけるタイプなので、ご存じの方も多いですね。


乾燥フリーズドライタイプ

乾燥させることで栄養素を凝縮させているタイプです。こちらはカップラーメン方式と言えば分りやすいですね。


サプリメント

最近人気の健康サプリメントです。粒タイプなの飲み物の青汁が苦いと感じる人は、サプリメントにしてみると良いです。


粉状タイプ

粉薬みたいなイメージで捉えて下さい。飲み物タイプもダメ。粒タイプもダメな人は粉で試してみましょう。


冷凍食品

普通に自然解凍か、湯せん解凍して飲みます。袋入りで発売されているので、保存に向きます。青汁を、一気に飲めない人にはお勧めです。

青汁の原材料別種類

青汁には、原材料も多種類あります。

含まれる成分がそれぞれ違うので、どういう症状を改善するのか考えてから、青汁を購入しましょう。それが健康改善の為の近道です。

せっかく青汁を飲んでいるのに、持病の症状が改善されない場合は、原材料を調べてみましょう。そして自分が望む症状改善の為の原材料が含まれていなければ、含まれている原材料の青汁に変えましょう。


ケール

ビタミン配合率が高いです。緑内障対策になります。


大麦若葉

ビタミンB1、ビタミン、ミネラル、食物繊維と様々な原材料が入っています。

予防や効果としては、高血圧・ガン・動脈硬化があります。


緑茶

カテキンが配合されています。これは肌に良い成分なので最近注目の美容成分になっています。

肌の老化が目立つ人に向くのが緑茶タイプの青汁です。


桑の葉

血糖値を下げる効果があるので、高血圧対策になります。


明日葉

便秘症の人は明日葉入りの青汁を飲むことで改善されます。


よもぎ

貧血対策になります。また、腸の活動が不調な人に向きます。

このページの先頭へ