青汁選びでお悩みのあなたに、おいしい青汁選びをお手伝いします

青汁で野菜不足解消しよう

青汁で野菜不足解消

野菜不足になる人は、外食ばかりしていたり、スナック菓子やカップ麺ばかり食べていたりなど、偏った食生活が続いている人に多く見られます。

今の偏った食生活を変えようと思っても、実際に食生活を変えるのは簡単ではありません。

実際に野菜不足になると、どのようになるのでしょうか?

野菜不足になると、三大成人病と呼ばれる「がん」「心筋梗塞(心臓病)」「脳卒中(脳血管障害)」をはじめ、様々な病気を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

このような病気にならないようにするために、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

偏った食生活を変えるには時間がかかりますし簡単ではありませんので、野菜不足を解消する方法として青汁を飲むことが手軽で良いと思います。

ここで、青汁を飲むことで摂れる栄養素の紹介と、その栄養素を摂らないとどのような病気になってしまうのかについて説明します。

【ビタミン】

ビタミンが不足すると、脚気(かっけ)や壊血病になります。

壊血病とは出血性の障害が体内の各器官で生じる病気で、歯茎から出血する等の症状が現れます。

壊血病になると、感染への抵抗力が低下し、病気になりやすくなります。

また、小さな傷が治らず悪化して、大きな傷や病気になることもあります。

【ミネラル】

ミネラルが不足すると、失神、神経疾患、骨折、成長障害が起こったり、貧血や疲労感が増大したりすることがあります。

若い人でやる気が起こらないとか、すぐに諦めてしまうという傾向がある人は、ミネラルが不足している可能性があります。

また、身体が思うように動かなくて、ずっと疲れたままで老化しているように感じる人も、ミネラルが不足していると思われます。

失神や貧血はミネラルを摂って改善します。

ミネラルを摂ることで上記のような症状が解消され、さらに骨も強くなります。

【食物繊維】

食物繊維が不足すると、大腸の機能が鈍くなり、便秘になりやすくなります。

便秘になると、やがて肥満体型になり、それがひどくなると動脈硬化を引き起こすこともあります。

食物繊維を摂ることで、大腸ガンの予防にもなります。


健康を維持し病気にならないようにするためには、野菜が不可欠です。野菜をバランス良く摂取することで、病気を予防することができます。

しかし偏った食生活を改善するのは簡単ではありませんし時間がかかりますので、このような場合は青汁を飲むようにすると良いでしょう。

青汁を飲むことで簡単に野菜不足が解消出来ますので、青汁はおすすめです。

このページの先頭へ